フルーツ3食で痩せるのか?

MENU

フルーツ3食(朝・昼・晩)で本当に痩せるのか?

様々な方法でのダイエット法がありますが、現在ではビタミン豊富の果物により減量に成功したという人も増えているようです。しかしやはり間違った仕方で行うことで体調を崩したり、失敗することも考えられるようです。効果が期待されるためフルーツ3食で痩せることができる?と思われている人もいるようですが、体重を減らすことは可能ではありますが、それは健康的とはいえないようですね。

 

皆さんの理想の減量はただ単に身体を細くするのではなく、キレイにスリムボディとなることを目指している人が多いのではないでしょうか。痩せたとしても肌がボロボロとなり髪の毛がぱさぱさになってしまえば、それは成功とはいえないはずですよね。ここではフルーツダイエットの正しい方法と効果を検証し紹介したいと思います。

 

ビタミン豊富果物の力とは?

 

バナナは果物の中ではカロリーが高くなりますが、それでも1本約80kclですので1食置き換えることで十分摂取カロリーを控えることができ、取り入れたいものでもあります。栄養価も高く腹持ちもよく、スポーツ選手でも運動前に食べている姿も見られますよね!

 

グレープは柑橘類の中でもビタミンが豊富でもあり、半分に切ってスプーンですくって手軽に食べることができますので人気でもあります。そしてダイエット中のストレスを緩和する作用があるということも知られているようです。

 

リンゴは腸内環境を整え肥満の原因でもある便秘気味の人には、ぜひ食べてもらいたい果物でもあります。ポリフェノールが多く含まれているため脂肪吸収を防ぎ、抗酸化作用もあることから老化防止や生活習慣病の予防にも発揮することから多くの医師も食しているようです。良く洗い皮ごと食べることをおすすめします。

 

キウイは美肌には欠かせないビタミンCが多く1日1個摂取することで70%も取り入れることができるようです。活性化酸素の働きを抑えることも期待でき、タンパク質分解酵素が含まれているのでお肉との相性も抜群でもあるようです。

 

その他にはイチゴやマンゴー、ミカン、スイカ、なし、ももなど旬のものも取り入れることでバラエティとなり、飽きずに楽しみながら続けることができるようですね。

 

効果大のフルーツダイエット法とは?

 

朝食に置き換えをしてその季節の旬の果物を取り入れることで、効果が期待できるとされています。しかしあまり冷やしすぎは厳禁となりますので気を付けましょう。身体を冷やしてしまうことは代謝を下げてしまうことに繋がり、太りやすい体質に変えてしまうことも考えられるようです。

 

早くに実感したいという人には2食でも可能のようですが、1食は必ず栄養価のある食事をすることも必要となります。果物では摂取することができない栄養素でもあるタンパク質、ビタミンB12、亜鉛、カルシウム、鉄分など他にもあげられますが、不足することで、様々な支障をおこすことも考えられるようです。

 

そしてもちろん3食フルーツにすることで、栄養バランスが崩れ体調を損なう危険性もかなり高くなりますので辞めておきましょう。キレイに健康的に痩せたいのなら焦ることなく、正しい知識のなかで取り組むことも大切となるようです。